読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grafana + GraphiteでAnnotationsを使ってイベントを可視化する

GrafanaにはAnnotationsという、イベントをグラフ上へ表示する機能があります。
http://grafana.org/docs/features/annotations/

Annotationsのデモ

Annotationsの取得元はいくつか利用可能ですが、データソースとしてGraphiteのEvent
を使う方法について解説します。

Event

GraphiteにはEventと言う情報を保存する仕組みがあります。
しかし探してみても、データを格納する方法については公式ドキュメントで見つからない。

ただ、データの取り出し方については書かれています。
http://graphite.readthedocs.org/en/stable/functions.html?highlight=event#graphite.render.functions.events

こちらのブログで登録方法が書かれているので、そちらを参考に進めます。

Eventの登録

最低限のデータで登録する場合は、以下の様にデータをPostしてあげればいいです。

curl -X POST "http://graphitehost.com/events/" -d '{"what": "fugafuga", "tags": "hoge"}'

Eventの情報が格納されるテーブルはevents_eventで、このテーブルの構造を見ると以下のように定義されてます。

CREATE TABLE "events_event" (
    "id" integer NOT NULL PRIMARY KEY,
    "when" datetime NOT NULL,
    "what" varchar(255) NOT NULL,
    "data" text NOT NULL,
    "tags" varchar(255) NOT NULL
);

テーブル構造から分かるように、さらにwhendataを指定することが可能です。

  • whenは、デフォルトでシステム日付が設定されます
  • dataは、デフォルトでからが設定されます

例えばこんな感じで

curl -X POST "http://graphitehost.com/events/" -d '{"what": "Deploy apps 5", "tags": "deploy", "data": "ここには長い文章が指定できます。"}'

Grafanaの設定

Graphiteに登録されているEventをグラフ上に表示するには、Dashboardの設定から登録します。
Dashboardで設定するように、グラフ単位では指定できないみたいです。

取得するEventの情報を登録します。

  • Name: Annotationの名称
  • Datasource: Graphiteのデータソース
  • Graphite event tags: イベントを登録した時のtag名

登録すると、こんな感じで表示されます。

先ほどのdataに指定した場合は、以下のように表示されます。

Dashboardには複数のAnnotationが登録でき、チェックボックスのON/OFFで表示非表示の切り替えができるので、デプロイ、サーバ追加と言った複数のイベントを登録して表示することで、どのような出来事がきっかけでリソースに変化があったかが一目瞭然となります。