読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 4Sの電源ボタンその後

以前書いたエントリーでボタンの交換を断念したけど、5Sが手に入ったので壊れてもいいやということで、再度交換にチャレンジ。

前回の続きから。

カメラとメイン基板に繋がっているコネクタを外します。


コネクタを避けながら基板を取り出すと、いよいよ電源ボタンが見えてきます。


シールが張ってあったり、ケーブルの上に別の部品が乗っかってたりするので、更に邪魔なものを外していきます。


最後の最後で無理に引っ張ったら、元のケーブルが切れてしまった。。

ケーブルに電源ボタンの部品が貼り付けてあるので、剥がして新しいケーブルに付け替えます。

電源ボタン用のケーブルはかなり複雑な取り回しをしているので、気をつけて戻します。


外した部品を元通りに組み上げて、生き返ったボタンを押すと。。

リンゴのマークがでました!!
無事(?)終了が終わりました。



部品が余った・・。
どこに付いてたのか全く思い出せない。。
まー、動いてるからいいっか。

精密機器の分解は自己責任で。